Ruby on Rails について

rails

なぜ、Ruby on Railsを使用するのか?

Rails は、プログラム言語であるRubyを使用して作成されたWebアプリケーションを構築するフレームワークの一つです。
Rubyは、日本人のまつもとゆきひろ氏が作成したプログラム言語です。また、現在、唯一の日本初の国際標準規格に認定された言語でもあります。 Railsは、Rubyプログラム言語の良さを認識したデンマーク人のDavid Heinemeier Hansson氏(通称 DHH氏)によってWebアプリケーション構築のために作成され、現在も日々進化し続けています。 フレームワークには、先人の知恵と経験が凝縮されています。特にRailsは、Rubyの完全オブジェクト指向の考えを基盤にして、非常に洗練されたアプリケーション開発の仕組みを提供します。

一般的に一からWebアプリケーションを構築する場合、いろいろな課題をすべて自分で解決しなければなりませんが、フレームワークは、皆さんがよく利用する基本的で標準的な枠組みを自由に効果的に利用できるようにしています。したがって、先人たちの考えたよりすぐれたスマートで洗練された仕組みを素早く取り込めます。
その結果、標準仕様に基づく、わかりやすい、充実した機能品質の高い個別のWebアプリケーションを柔軟に素早く構築でき、構築した後の機能の拡張や改善を含むアプリケーションの保守・運用管理も容易になると考えます。

Railsは簡単にアプリケーションを構築できるツールを提供し、アプリケーション構築の初心者でも一気に高みに連れて行ってもらえますが、前述したような様々な先人の優れた考え方、仕組みを取り込んでいるため、その仕組み・理由をしっかりと理解することは決してやさしいことではありません。

弊社は、Railsの持つ高い可能性を評価し、将来のアプリケーション構築を変える大きな役割を果たすツールとして、積極的に普及・推進を考えていきます。

ジーワース・ソリューションズ
代表取締役 小餅 良介